スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

この夕暮れを愛す
咳きこむ真冬の一日

世間ではとおに流行していたらしい流感が
ぼくの体の中にも流れてきたらしい



息苦しく過ごし
気が付けば眠っている


目が覚め
乾いたスポンジを浸すかのごとき勢いで喉を鳴らし
しかしやはり息苦しい
気が付けばまた眠っている


寝苦しく目覚め
見上げたら
窓から空

明るいオレンジで満ちて
あふれているのにこぼれない波打ち際みたいだ

スカスカのぼくの窓にもそれは届く



もう今日が暮れていくなぁ



変な夢を見たんだ
熱に浮かされていたのかも知れないんだ

もうぼくには
あの頃のように体任せのままに生きることは出来ないんだ



すとんと落ちた
今まで
そしてそれがぼんやり示す
これから




今日を思い返す

なにもできなかったな
ぼくが思い描いていたあれやこれ

でもさ
本当の意味では
なにも叶ってなんていやしないんだ
願いはいつも進むたびに
少しずつずれていくから

振り返ればそれは
あっちにもこっちにも転がってる
たくさんのきらびやかな
からっぽのギフトボックス


中身はいつも
形を変えながら
デコレーションなんていらないくらい
僕の中

たとえばスカスカのスポンジのときでもそれは





思い描くことのなかった時間が
ぼくに積もって
今日が終わっていく

見送ろう
心ゆくまで

ゆっくりゆっくり
すべては暮れていくのだから



さらば、太陽
さらば、夕暮れ

手を振りながら
だけれどもここで呼吸は続く

汗で湿ったパジャマを
着換えよう
敏感になってる肌には
少し刺激的



地球が回る
ぼくらが名づける

日々
新しくなることは
なんども繰り返すことだ



うん

うん

そうだね

鼻水をすすりながら
一日分、年老いる
それを告げる太陽

この夕暮れを愛す
スポンサーサイト
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

テバナス・ミニ・ツケル
カタガナって不思議ですね。

一番「カタチ」に近い気がする文字だ。
一番そがれているんだよね、多分。



そんなわけで
手羽先となすをちょっと漬け込んでつくる
おいしい煮物を・・・


という話ではなく。



テバナス

ミニツケル

って
こんなにつながってんのか、と
毎日なんだか新しい発見をしている気分です。



毎日が旅なんだなぁ、と思う。
そしてそれは、いつも途中だ。

途方もなくて
呆れかえって
心細くなるときもあるけど
みなぎるようにうれしくもあるんだ。




あの人やあの人
今はまだ出会っていない人

またたびのまにまに
おあいできたら
とてもうれしくおもいます

いつどうなるかわからないのに
また会いたいと思いあって約束したり
思ってもないばったりで会ったりするのって
ほんとに不思議だ。
素敵だ。

ぼくはもう
この世界のどこかにぼくの好きなものがあることを知っている。

だからもうね

テバナス
テバナス


だいたいのものは
そこに行けば会える。


ハレルヤ。


また会いに行くよ。
そんで
全部の君と
一緒にいたいんだな。
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

大げさでない幸せ
大げさじゃない幸せを
手にすることが
だいたい結構大変で

そこにたどり着くまでには
乗り越えないといけないものがたくさんあるらしく
それを乗り越えるときに
だいたい気合を使っている。


心臓の高鳴り
緊張
いつだって僕は怖いが
笑顔でそれとなく
マジックを使う。


タネもしかけもあるよ。
それには気付かれないよう準備を整え
舞台に上がるんだ。


舞台の上の拍手喝采。

僕がほしいのは
その先にある
大げさでない幸せ。
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

金色の緑の音
数字の名前を持つ友人の日記を読んで

胸からなんかがあふれました。

これをもし君がそういう名前で呼ぶのなら
僕もそれをそういう名前で呼んでみたいと思うよ。




今日も空は青く
緑がきらめいていく音が聞こえる
同じ風が洗濯物をはためかせる
僕の耳に
心に
吹き込んでくる


僕達の生きている毎日の
美しさ


こんなにいつも
息が詰まるくらいに美しくて
どうしてくれるっていうのさ、全くもう


この美しい世界の
どこにいてもいいだなんて

なんてこった
はじめから許されてた


もう、何も抱きしめつづけなくていいや

おいでおいで
とんでけとんでけ


終わるときまでは、ここにいるよ

それだけを決めたんだ

この広い空の下に
君と同じ空の下に
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

昨日思っていたよりも世界は広くて
じゃあね、と繋がっていた時間を切った15分後に
もう一度繋がって伝えられた声は
昨日の僕の思い描いていた今日を
軽やかに裏切った。


あなたの言葉が聴こえたよ。
僕の言葉も届いたかなぁ。




僕がひとりぽっちで思い描く未来を書き換えていくのは
僕の脳みそでは思い描けないことを思い描く人。


昨日思っていた世界より
今日思う世界は少し広い。


知らないという無の地平と
知るという光の照らす影。

影すら、有の証明なのだ。


僕はやっぱり
身悶えながら見つめ続けよう。

愛するっていつも大体
身悶えくらいするもんだろ?




無知が罪だとしたら
それは原罪なのだろう。

罪をあがなう
徳を積む
基準が反転しているだけで
おんなじことを言っている。



僕らはみなこの体に無知と知を詰め込みいきている。
生まれた瞬間からすでに蓄積されている知をもっている。


今の僕の考えからすれば、無知は罪ってだけではない。

それは、時が流れていくことを

すべてが変わっていくことを

だから
生まれては死んでいくのだ
ということを
肯定する、素晴らしい装置だ。


僕らは
己の有と
他の有とで
沢山のいろんな光で世界を広く照らす。

一つの大きな光でだけ照らせば
大きな影も出来るけど
沢山の光がそこここで照るのを知れば
光と影は両極の二点ではなくなり
点在するグラデーションになるのだ。



自意識という魔物の
手の届かないほどの広さに光る光を知れば。
知り続ければ。

手を離して愛することも
いつか出来るのかもしれない。



明日はどんな世界が見えるだろうか。
きっと、今日の僕が思うよりも広い。

まだ僕の知らない君のその光も
当たり前にそこかしこにある、というくらいに世界は広くて
僕はまだ、その広さを知らない。

死ぬまで生きて
一秒に一人のことをすべて知っても
一生世界中の人とは知れない。

未来に希望を抱かない、なんていうことが失礼な気がするくらい
僕はまだほんとうには
世界を知らない。
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

音楽とは。
音ってのは結局さ

何かがどこかで小さく震えたものを
空気が拾って広く伝えて
その伝えた先で
またどこかで誰かの体を震わせて
そんで心を震わすものなんだよね。


音は震えなんだ。




音楽ってのは結局さ

その震えを楽しむことであって
その震えを無いことにしては、楽しめないんだよね。


震えていいの。


震える事ができるのはきっと
芯がどこかにあって、そこが軸になっているからこそ。


それが無ければ、流れていくばっかりなんだよ。


がちがちになって闇雲に伝える伝えるとか言う前に
なにはなくとも震えなくちゃ。


震えは、必ず隣の空気を震わす。
どこかに伝わっていく。
それは、絶対に信じていいことだ。



あんなにたくさんの人がいる場所で
そこに来てくれている人の存在を信じたり愛したりしなきゃ
何があるか想像を超えてわからなさすぎて
恐ろしくて立ってなんていられないよ。


それでも、僕の足は震えるってのに。



情けないし
お金もないし
欠如も多い。


だけども
震える才能にはきっと恵まれているのだから

そのために必要な芯だけはどこかにあるよう気を配りながら

僕は、このやわな自分のまま
進もうと思います。



大事なもの全て変わらずに守れるなんてそれは嘘さ。
割れ物は、割れるように出来ている。

だから
新しく作っていくことしかきっと出来ないんじゃないんだろうか。
たとえば、割れ物じゃないものになるよう工夫してみたりして。
たとえば、まったく同じ物体は作れないけど
同じように愛すべきなにかをつくったりして。

あのとき聴こえた音は
今も僕を震わす。
たった一度で、だけど
何度も何度も。
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:1 trackback:0

有象無象のもの達に寄せて
電気はつけず
曇り空の明るさのみで
気持ちの糸を縒るのです

その先にぶら下がっているものが
じわじわと手繰り寄せられ
瞼越しの光のように
橙の姿を現すのです

半端な別れを重ねるのは
半端な好意でゆきずるから

私は、小賢しく狡かった



繋いでいた手をほどき
そしてその手を振るのです

さよならと、手を振るのではないのです

一歩二歩、と踏み出すたびに
さらに歩みを進めるため
ほどいたその手は振るのです

後ろ髪の長さにも、限りがありましょうから
引かれていたとしても
今は、前へ前へ
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

愛とか恋とか
しばらくはずっと
嵐の後のような凪
過去からも未来からもぴっぱられて薄まっているような日々

ランダムなはずの心がなぜか
アルバムの一番上に高い頻度で
あのトゲトゲしい風景を映す

いや、意味が強いから
回数が多いような錯覚をしているのかな


愛とか恋とか
忘れた振りして





すたすたと前に立ち
まじまじと見つめれば
共通項はあるが
やはり別物
グラデーションみたいに見ていただけ



萌えいづる若芽の季節
顔を出したそのふくらみは
遠目で見れば今は同じように、柔らかな明るい翡翠

だがしかし


これは、若葉。
育てば深い緑となってゆく。
あの力を僕の力に変えるのだ。

これは、蕾。
育てば艶やかな花が咲く。
新たな実を為そうと咲き、夢と現の間に散るのだ。



ただただ降り注ぐばかりの五月のきらめき
それらを見つめているだけでも
満ち満ちて日々は過ぎる



匂い立つような緑に
思わず笑む

近くで見つめ
遠くで見つめ
今日も掻き立てられながら思う

愛とか恋とか
そのグラデーションとか
とにかくそれらを
やはり僕は好きだな、
大好きでたまらないのだな、って
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

清水寺の舞台の上で
肌寒い空気は
いつも僕を急かす

触れたい
触れたい、と


スポットライトが当たってしまったら
目を逸らしたってもう
結局は右肩上がりの心の臓の音


ひとりでに
ひとりで
始めてしまうストーリーテリング



もう、舞台に上がってしまったんだよ
だけどまだ、僕以外はだれも知らない
このままじゃあ、ひとりぼっちのスタンダップコメディ


観客席に呼び寄せたその手をとり
「こっちにおいで」と
言える日を待つ
触れる日を待つ
2月のほそい
日差しの午後
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

無題
繋がるも繋がらないも
もっと無為でよい


受け取ることと
投げかけること

バランスが崩れていくと
結果
僕が崩れていく


無意味に
長生きも早死にもしたいとも思わない


世界の美しさやろくでもなさが
押し寄せて来過ぎて困る
困るので
どういたしましょう、としばらく悩んでおりましたが

密度のムラゆえその差に翻弄されるのではないだろうか
結局は
僕も同じようになることしかないのではないか、と
はた、と思い当たり

意味を捨て
生きていかなくては、と煩うことも捨て
ただただ
ここにあってみよう、と思う所存


凪の中で揺れる柳
雨に打たれる綿毛
噴火に吹き飛ぶ岩
風で放たれる銀杏


すべて意味など孕まず
付与されるのみ

ただただ、そのようにおってみよう、と

+と-の
その狭間に僕は
立ってみたいのです
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。