スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

久し振りにフツーに日記1
いやー、最近日記なんてもの書いてなかったなぁ。

と言う訳で、最近あったことなどをツラツラ書いちゃいましょ、そーしましょ。


まずは、そうね。
10日くらい前になりますか。
みゆきさんの劇団関係の友人の方で、うちのユズスコにも何度か足を運んでくださってる
上田たけしさん(音楽活動もかっこいいです)と
萬田ようこさん(劇団もやってらっしゃるそうです。見てみたい。)がやってらっしゃる
「即興音楽、舞踏、朗読」を組み合わせた「侘び助」という面白い企画がある、ということで見に行ってきました。


そしたらこれがまぁエライコッチャ!!でですねぇ。

もんんのすっごくよかった!!!!!
そのときに、そのエネルギーに影響されてしまって、無駄に全力疾走してこけて、ズボンが破け、左ひざの皮がベローリ、とむけてしまったほどです。(苦笑)

正直「侘び助」をどう伝えたら人に伝わりやすいのかは良くわからないので、ご本人たちがいってらした「わかりやすいアングラ」と言っておこうと思いますが。(苦笑)

とにかくとても素晴らしくって!

私そのときに出演者の方々に思いのたけはおもいーっきり!!ぶつけてきたのですが
(うきうきしすぎて訳わからんことたくさん言ったと思いますが、付き合ってくださってありがとうございました。笑)

やっぱりあんな素敵なものについては
私の幼稚な文章でもであろうとなんだろうと、人の目に触れるところで言っておかねばならんだろう、と思いまして
日記を改めて書いているところなんですねぇ。


「限定されることで、逆に大きく広がる世界と言うものがある。」
それが侘び助を一番端的に言い表せる言葉です、私の中では今のところ。


少しでも気になった方は私と一緒に見に行きましょう!!
また近いうちにあります。
とてもいいのですよ。
ほんとにとても感動したのですよ、私は。



で、大体えてして私は自分の気持ちがとても動いているときとか
何かに集中しているときとかって言うのは、写真とか撮りきらない子みたいでですね。(笑

この写真はまったく関係ないのですが、なんとなくその日の私の気持ちに似合う気がしたのであげてみました。あは。

200609061252012

スポンサーサイト
posted by いしだま
category:生活   comment:2 trackback:0

comment
ありがとうございます☆
先日のCBライヴ、おつかれさまでした!
早速侘び助の感想の記事を見に来ました(笑)。

先日は雨の中、侘び助のライヴにお越しくださって、本当にありがとうございました!
いやはや、ここまで気に入っていただけるとは・・・。嬉しいッス。

------「限定されることで、逆に大きく広がる世界と言うものがある。」------

本当にその通りだと思います。
侘び助がやっている事って2.5次元的なモノだと思っています。
これまで侘び助を観て頂いた方の意見で、「語りの人の衣装をその役に合わせたモノにしたら?」というものがあったのですが、それだと”演劇=3次元”になってしまって、ウチらがやっているスタイルの意味が無くなってしまうんですよね。
語りを登場人物そのものとして立体化させるのではなく、語りのストーリーを聞いているお客さんの頭の中で、自由に登場人物の風貌を想像させるのが今の狙いなんですね。

例えば、「原作はとても良かったけど、映画は悪かった」という事と同じで、どんなにスゴイCGや舞台セットを、人間の想像力は簡単に超えることが出来ると思います。

侘び助において、そのお客さんが”想像する”お手伝いをしているのが語りであり、間接的に音楽と舞踏によってその想像を膨らませる事が出来たらいいなぁ、と思いながらやっています。
出来ているかはわかりませんが(笑)。
2006/09/13 01:28 | | edit posted by 上田たけし
人の心を動かすは、心のみ。
キャー!て勢いついて、すっ転ぶだまが、
今目の前に見えるようでバフンと笑ってしもうたよw

それ、なんか面白そうだなや。
博多に遊びに行く機会が増えそうだ。
ビバ!ETC!!(爆
2006/09/08 02:47 | | edit posted by しろちゃん
comment posting














 

Trackback URL
http://isidamasan.blog33.fc2.com/tb.php/164-d9d9b456
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。