スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

車窓の内側
車窓の外に心を移ろわせていたら
ふと鼻くすぐる甘い香りに気付いて

振り向いてみたら知らないうちに
すぐそばで沢山の花がこっちを向いて咲いていた。
隣りに座ったご夫人の腕のなかで。

今まで切り花にいい感想を抱いたことはあまりなかったけど、初めて
「悪くないな」と思った。

余命が前提で連れて来られて
その前提通り
やっぱりゆっくり枯れて捨てられて行く姿を
私は好きではなかった。

でも今日生まれて初めて
儚くともその香りや姿を求めずにいられない人間の性や
根を張って立つ時のように溢れる美しさや強くはなくとも
それでもやはり咲く花の姿を
愛しい、と思えた。

私たちは悲しい生き物だ。
大事なものからゆっくりなんとなく、でもどんどん押し流されて
気を抜くと途端に離れていってしまう。

それでも
どんなに遠く離れても
誤魔化しでも
まやかしでも
求めずには居れないその心。

よわいけれど
いじらしくてかわいらしい

憎みきれない。

そうやって今日も明日も
この世界は続いて行くんだろうね。

今日も明日もあさっても。
スポンサーサイト
posted by いしだま
category:ひとこま   comment:8 trackback:0

comment
■鼻ティッシュさん
ようこそいらっしゃいませ。

私の呟きのようなモノしかないところですが
これはこれで気に入ってくださる方もいるようなので
気が向いたらまた遊びにいらしてください。

いつでもあったかいお茶を用意して差し出すような気持ちで待っております。




しかしあれですね。わたしの胸の琴線に触れるお名前です。
グッと来ました。えーえーえー。

お花屋さんなんですねぇ。
やっと花のきれいさがわかり始めたばかりのぺーぺーな私ですが、ぜひまた遊んでやってください。(ペコリ
2006/10/20 04:29 | | edit posted by いしだま
■さちこ
ねぇ。
普段気が付かないようなことこそが
一番パワーをもってることのような気がするよ。

私もそういう花のような人間になりたいな、とか思います次第です。
えへ。
2006/10/20 04:22 | | edit posted by いしだま
■けんけん
洗っちゃったか!
そうか!
その言葉に私の心が洗われる。。。
あんがとよ。

つか、けんけんまた遊ぼう!
今度の土曜はアジとに行くかぃ??
2006/10/20 04:20 | | edit posted by いしだま
秋って素敵。


■シャモンさん
おばさんとのエピソード、なんか好きです。

私、シャモンさんと語ってみたい~!!
と思う語り好きないしだまです。
あなた面白い人な気がビシバシしてます、えーえーえー。

ワタシ優しいですかね!?
そう言われると照れるけど嬉しいっす。

あんまり心当たりがホントにないので
今度自信のない私にたっぷりそういう自信、刷り込んでください。w

えへ、えへへ。(ぽりぽり


2006/10/20 04:17 | | edit posted by いしだま
はじめまして
初めてなんかの拍子に辿りついてなんか嬉しくて素敵でした。私は花屋なんですが、そんな日常に感動して花屋になったんだなぁ、と初心に帰りました。また遊びにきますたぃ。
2006/10/20 00:04 | | edit posted by 鼻ティッシュ
摘んでしまっても、そのままそこに咲かせていても、いつかは枯れる花、人目に触れないなら、摘んでしまって沢山の人に愛でてもらえる場所へ連れていくのはよいかもね!無造作に咲いているものを生け花とかやって、アートにするのもすばらしい。人目に触れる場所にあるなら、そのままがいいかもしれない。綺麗だと褒めれば状況違っても長生きしそうな気がするし。ワタクシ花の知識は全くないけどΣ(`∀´lll)
トイレで倒れたりしたら大体救われないらしいけど、花を飾っておくと大丈夫って聞いた!気付かなくても、花は大切な役割を果たしてくれてるんだなぁ。学校に飾ったらいじめが減るとかさ、すごいねぇ。もっと気付いてあげて、やさしくしようと思ったいしだま日記でしたよU^ェ^U ほんと、心が洗われる気がしますな。
2006/10/18 04:03 | | edit posted by サチコ
心が洗われた~~
2006/10/17 20:35 | | edit posted by けんけん
小さいときに叔母と山を歩いているときに
綺麗なユリの花を見つけた事があったんです。
「きれいね」
と叔母がいうので、
「つんで帰ろうか?」
という私の言葉におばさんは首を振って
「綺麗に頑張って咲いているから、やめとこうね」
って。

叔母も儚く咲いている花が好きだったんだと思う。

私は、咲いている花も飾っている花も
見る者が居れば綺麗だと思います。

それにしても、
いしだまさんって優しいですねぇ~
2006/10/17 19:46 | | edit posted by シラーサキ
comment posting














 

Trackback URL
http://isidamasan.blog33.fc2.com/tb.php/190-554cb8b7
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。