スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

うかつにも



本屋で立ち読みをしていたら
不意をつかれてうっかり涙な夜。

自分と重ねるなんて
あほぅだなぁ。

理屈もへ理屈もない
ニオイとか温度とかが
ささいな量で
数百倍にも溢れ返る。

涙は
なんなんだろうか。

きっとこんなふうに
ずっとあほぅのままなのかもなぁ、と思う。
そんな自分を嫌いではない。
だからきっとこれでいいのだろう。

大丈夫、惚れっぽい人間のはずだっただろ、と
言い聞かせる刺の様な夜

それでもいつの間にかそっと
夜にすぅと溶けて
眠りに落ちていく間際
あぁ
少しは元気になったんだ、と
チラリ思い
眠り落ちる
シャットダウン。

スパルタの狐が暴れる夕暮れがあるので
そんなときは腹を食い破られてしまう前に
マントを開きに
歌をうたいに出掛ける。

開け放せば飛び出ていく。
首輪は少し前に捨てた。
お前が暴れるとつらいけど、お前は僕なんだろ?
もう閉じ込めたりしないから出ておいで、僕のなかのケモノ。

走り回って疲れたら帰っておいで。
抱きしめてあげよう。

次は
なんか楽しい
なんかうれしい

君といるのが好きだ

きっときっとそういうことを
ずっとずっと大事にしようと思う。

湧き上がった単純なままの気持ちを
大事に育てて分け合うんだ。

あの子が言ってた。
もうなにも否定しないことにしたんだってさ。
ふぅん
お前、いいこというなぁ。

僕もそうするよ。
そうなりたいなぁ。
なるよ。

また恋をしたいな。
僕の世界の全てが勝手に
君に向かっていってしまうような
そんな恋を。

あぁなんか
今夜は胸、痛いなぁ。
スポンサーサイト
posted by いしだま
category:ひとこま   comment:2 trackback:0

comment
…キュンときた。
2007/01/21 12:02 | | edit posted by しろちゃん
匂いはすごい力を持ってますよね。
フラッシュバックさせられる。

2007/01/20 12:12 | | edit posted by まちこ
comment posting














 

Trackback URL
http://isidamasan.blog33.fc2.com/tb.php/237-45f5e5ba
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。