スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

タイトルなし
先送りにし続けてきた黒どもが
我先に、我先にと
こぞって
僕を満たしにやってくる

選び続けなければいけない
失い続けなければいけない
それに慣れなければいけない
と、繰り返されるメッセージ

僕には、出来ないんだよ

終わりが見えないまま続く苦痛
拷問は、終わらないことが一番重要だ。
そうすれば心はいつか折れるんだ。
と昔おじいに聞いた

ならばとうの昔に狂っている
いっそすべて狂える鋭さや賢さがあればよかった
小賢しいだけの我が身

捨て去りたいのか
手に入れたいのか
選べもしないまま
端からはしから溢れかえる半端なものども
転ずれば黒となり
肺の奥は
ひたひたと満ちる
じっとりと寒々しい汗がとまらぬように

もうここまでくれば
助けを呼ぼうとしても沈み
呼べずとも沈んでいく小船
スポンサーサイト
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://isidamasan.blog33.fc2.com/tb.php/240-955434ad
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。