スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

声だけでは足りない
と思うのはナンデなんだろ?と考察するに

○生身のあなたと会っていることと明らかに情報の量が違う。ホントに桁が違うと思う。
○結局は「物質として生きている己や世界」を基準に、我々は物事を捉えているからだ。

と思いました。



昨日は
かの東の空の下に住む友人と電話で一時間半も話してしまった。


なんだかこの人は人を安心させる何かを持ってる。
先天的に与えられたものだけではなく
本人が生きていく過程でそれを磨いている。


初夏の草原と凪いだ風、あおぞら
笑って立っているイメージ。



お互いに嘘をついていないこと
これが非常に重要なのだ。
何故ならお互い
気付いてしまうからだ。


あなたと電話で話していて泣いたのは
初めてだったんじゃないだろうか。

いや、
この記憶ウソかも。w




僕の人生に、あなたのような人がいてくれてよかった
僕の日常に、あなたのような人がいてくれればいいのに

いないから
鋼鉄のツバサを、恐れながらも頼り
此方から彼方へ飛ぶのです。

あなたに会いに行くためだけに。
やっぱり、声だけでは足りない。




周りの酸素が薄い
そんなとき、昔はひたすらにじっ・・としていた
少ない酸素で生きていた

でも今は
少ないのに動きまくっているから
余計減ってしまって
苦しいのかもしれない。



昔からいえていたのはこういう言葉

君よ
君が苦しい時は
助けに行くよ
だから安心しな。



今言えるようになって来たのはこういう言葉

君よ
僕が苦しい時は
助けにきてくれ
それなら安心なんだ。



安心。
安らかな心。
確かに。
君といるとさ、安らかさ。
苦しくないんだ。


たったの誰かにだけだけれども
こんな言葉がポツポツ言えるようになってきたってことが
大人になってきたってことなのかな
それともそれほど必要に迫られているってことなのかな。


わっかんねぇなー
スポンサーサイト
posted by いしだま
category:生活   comment:1 trackback:0

comment
歳を重ねたほうが
素直になれるのはなんでだろう

あたしも少し
周りに甘えられるやうに
なりましたわ
2007/02/06 13:37 | | edit posted by tonchi
comment posting














 

Trackback URL
http://isidamasan.blog33.fc2.com/tb.php/245-2aa2433d
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。