スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

不自由と自由
どういう風になってこうなったのか
一から百までを全部なんて
サッパリわかりゃしない
心当たりくらいしかない

ふと気付けば

絡まりに絡まっていたはずの糸だまが
すっきりとほどけて
すらりとただ
広がっていた


今までいつでもあったものがなくなるのは
どんなモノだってさみしいらしい僕ら

それが
愛でも
好意でも
嫌悪でも
憎しみでも

血を流しながらでも
あたたかかったならなおさらさ


それでも

よわっちぃ僕が
心細くて泣いたりしながら
目を見開くのは

あたらしいこれからが
やってくるのを
知っているからだ
きっと


僕は僕を好きだよ
君のことを好きなように

そういう当たり前を
知りもしなかった
知った今
気付く

あぁ
ひょっとしてこれが
自由なのかな、って

僕は知った

自由
自由
自由

すてきだな
しらなかったな

裸で伸びをするみたい


それは
不自由の気持ちよさとは
全然違うのだった
囲みの中で熱くも冷たくもないことを許される


あぁ
またあたらしいピースが揃ってしまった


不自由は
自由を
自由は
不自由を
僕にわからせる


これからも僕の中に消えず
そっと寄り添うだろう不自由と自由

どっちも魅力的さ
笑いあったり
喧嘩をしたりみたいに
仲良く出来たらいいな

そうすればきっと
ドコまでだっていける気がするんだ

手に入れたり
なくしたり
あたらしく
くり返しながら
時間にずっと
流されて



僕を導け
不自由と自由



スポンサーサイト
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://isidamasan.blog33.fc2.com/tb.php/273-f202dd14
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。