スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

無題
この両腕で抱きしめることが出来るものなどたかが知れている。
抱きしめることが出来る時間なんてもっとわずかさ。

すり抜けていく。
奪われていく。
残るのは慟哭。


それでも僕達は、この両腕に抱きしめるものを求め続けてしまう。
砂を噛むように、キシキシと響く空しさを知りながらも、それでも。

何故だ?


どうにも出来ないことだらけさ、この世の中は。

僕達に与えられた自由なんて歩いていくことだけ。
この両手で自分を抱きしめて、泣きながら、それでも歩く。
スポンサーサイト
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://isidamasan.blog33.fc2.com/tb.php/28-b093507e
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。