スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

また悲しみが連鎖する
今日は曇りでした。
織姫と彦星は
霧に隠れてなにやってることだか。
彼ら的には曇りや雨のほうが嬉いのかも知れません。


とかいってたら
イギリスにてテロ
とのニュースが目に入りました。

何でこうなるんだろう。


テロを起こす側にも
それをやることに対する理由があるのだろうし
テロを起こされる側にも
それをされることに対する理由がないとは言えないとは思う。

でも、それを
誰かの幸せを衝撃的なやり方で奪い去ってしまう
という方法でしか選べないほど
そういう風にしか表現できないほど
この世界は窮屈で、幅の狭いものになってしまったのだろうか。


わたしはアメリカという国の
アメリカ的な考えに世界の価値観を統一させるために
ありとあらゆる力を行使するやり方を好ましく思っていない。

身近な例で言うと
BSEの牛肉ね。
お客様である日本の安全基準に合わせる事なんか考えもしないで
「今までお前達が買っていた分の肉が余ってきたからさっさと買えよ。
俺達はこのやり方の肉しかこれからも作りません。
だからぐだぐだ言っても無駄よ。早く買いなさい。
買わないと、アメリカは日本に対して嫌がらせをします。」

なんて、自分勝手な。


テロの原因の発端は
ほとんどアメリカのこういうところに帰結しているように私には思えてならない。
いろいろなものを一方的に切り捨てすぎなのだ。
何故、他の人が大事にしていることを
「そんなことには意味がない。捨てなさい。」
と勝手に決め命令することが出来るのか?
中東に対しては
その理論を突き通すためだけに
武力まで使ってしまった。


その上、戦争を十年に一度は起こさないとあの国はつぶれてしまう。
世界の軍事兵器の大半はアメリカ製だから
戦争が起こって兵器が必要になれば、アメリカ丸儲け。
自作自演のそんな勝手な事情の為に
敵として作り上げられてしまうほかの国はたまったもんじゃない。


私は、個人のアメリカ人を嫌っているわけではサラサラない。
でも
「強いアメリカ」という国民共通の幻想が少しでも傷つけられたり
邪魔されたりすると
周りから見て見苦しいほどに
ヒステリックになり、敵を仕立て上げ手当たり次第に攻撃し始める
集団としてのアメリカという国はサラサラ好きになれない。

アメリカの軍事力は強大で
データを見てみても
アメリカ以外の国の軍事力を全て足しても
アメリカ一国に届かない。
勝てるはずがない。
止めることが出来ない。
だからってやりたい放題なのか?
お前ら子供か?


何故そうなるのだ?
お前が大事にしているものもお前の勝手なら
私が大事にしているものも私の勝手なのだ。

何故、私が幸せだと感じていることに対して
お前が勝手に
「そんなものは幸せではない。これが本当の幸せだ。
そんなものは必要ない。捨てろ。」
と、命令され、奪われなければいけないのだろうか?
幸せとは、他人にあてがわれるものではないはずだ。

「お前、和食なんて好きなの!?おかしいよ!
和食なんて旨くないんだからビーフを食えよ、ビーフを。」


何故?


テロリズムとは要するに
世界に飛散してしまったアメリカの自分勝手なやり方だ。

同じやり方の違う立場の人間に
そのやり方をそっくりそのまま返されているだけなのだ。

同じ穴のムジナだ。


世界という、とんでもない大きさのサイズから見れば
私一人程度に何ができるんだろうって言う気になる。正直。
でも、だからってあきらめることもできない。

どうすればいいんだろう。
心が内側から破れてしまいそうだ。
スポンサーサイト
posted by いしだま
category:よしなしごと   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://isidamasan.blog33.fc2.com/tb.php/30-d8d3edcc
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。