スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

背筋伸ばしてこの足でまた歩く
7/15
熊本は山鹿、八千代座にて
クラムボンライブを見てきた。



素敵だった。
とんでもなく。

音響
照明
会場

全て素晴らしく


なにより
クラムボンの御三方。

素晴らしすぎました。



いままで
昨年末みた矢野顕子のライブが人生最高のライブでしたが
私の中では今回の八千代座でのクラムボンライブは
総合得点でその上を行っちゃった感あり。







パンクだ、ロックだといわれていたような精神性というのは
今の世の中ではもう機能しない残骸のようなものだと思う。
だれかを責めて
どうにかなるか?

いや、そういう時代はもうとっくに終わった。
責めるだけでは何も変えられない。




こんなに先行きの暗い
閉塞感の溢れる世界の中で
それでも
小さくても
点滅しながらでも光る

そんな幸せを謳うこと。
形にしていくこと。


それこそ今の時代における
昔ロックやパンクといわれていたような精神性である、と私は思う。



無言だっていいんだ。
僕らを動かせば
動かした分
世界は変わるよ。

どんなに素晴らしいことを言ったって
見てるだけなら
何も変わらないよ。

動かす。
そのことが大事だ。




暗い中にも光は瞬く。
その不確かな光を
それでも信じること。
それでも進むこと。
それが今の
そして、昔から私のしたいことだった。




クラムボンは
ロックでパンクでポップでヒップだ。

それは
世界に向けた愛だ。

その世界は
彼ら自身
彼らの愛するものそのものであると思う。


彼らはきっと音楽を
信じてる。
愛している。
それだけのことをやってきている。




素晴らしいライブを見ました。
わたしも同じ場所に行きます。

一人ででも行く。
途中
ろくでもない孤独が私を襲うかもしれないが
きっと
出会うから大丈夫。



進もう。

行きたい場所に行く方向は心が示しているというのに
待ち合わせている人が来ないからって
ひとりで行くのが心細いからって
じりじりして
焦って
怖くなってしまうくらいならさ
もういいよ
いきなよ。


心細いけど
それでも行こう。

道具は違うけど
おんなじ方に歩いてる君達と
たまには一緒に歩いたり想いを交わしたりするし
出会ったりもする。


途中で力を貸してくれる人がいるなら
借りながら。


あぁ
もう行かなくちゃ。

倒れてたら名前を呼んで、労わって。
向き合って。

それさえあれば
私はきっと大丈夫だから。
ちゃんと進めるから。
スポンサーサイト
posted by いしだま
category:生活   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://isidamasan.blog33.fc2.com/tb.php/314-3460d651
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。