スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by いしだま
category:スポンサー広告  

清水寺の舞台の上で
肌寒い空気は
いつも僕を急かす

触れたい
触れたい、と


スポットライトが当たってしまったら
目を逸らしたってもう
結局は右肩上がりの心の臓の音


ひとりでに
ひとりで
始めてしまうストーリーテリング



もう、舞台に上がってしまったんだよ
だけどまだ、僕以外はだれも知らない
このままじゃあ、ひとりぼっちのスタンダップコメディ


観客席に呼び寄せたその手をとり
「こっちにおいで」と
言える日を待つ
触れる日を待つ
2月のほそい
日差しの午後
スポンサーサイト
posted by いしだま
category:ひとりごち   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://isidamasan.blog33.fc2.com/tb.php/331-315a1f5a
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。